K. I. Manktelow博士(ウォルバーハンプトン大学教授)講演会 @ 日本大学, 8/31

以下、日本認知心理学会 イベント情報からの転載ですので、問題があればお知らせ下さい。
高橋の参加している CHORUS プロジェクトと深く関連する講演会です。



英国の思考心理学者であるUniversity of Wolverhampton教授のKen I. Manktelow先
生が、
大阪市立大学山祐嗣先生の招聘により来日されます。
Manktelow先生は、合理的思考について20年以上研究されております。
(これまでの業績はhttps://www.wlv.ac.uk/default.aspx?page=16506をご参照くだ
さい。
なお、業績のトップにありますforthcomingの著書はすでに出版されております。)

今回は、University of Wolverhampton上級講師のNiall Galbraith先生との共同研究
のテーマである
妄想的思考(不当な信念に執着するために起こる不合理性)の概観と
その総合的なモデルについての講演をしていただく予定です。
皆様是非ご参加ください。

日時:2012年8月31日(金)15:00~17:00
場所:日本大学文理学部本館3階H304教室
(最寄り駅:京王線下高井戸駅・桜上水駅徒歩8分)
大学までのアクセス:http://www.chs.nihon-u.ac.jp/access/
大学構内の地図:http://www.chs.nihon-u.ac.jp/about_chs/campus_map/
参加費:無料
講演題目:Delusional thinking and reasoning
要旨:Delusional thinking is an extreme form of irrationality in which
people acquire persistent bizarre or unwarranted beliefs to which they cling
tenaciously. This tendency interferes with normal functioning in clinical
delusions, but delusional ideation (DI) is not the sole preserve of clinical
populations: consistent with the continuity model of psychosis, DI can be
found to varying degrees in the normal (sub-clinical) population, where it
affects their thinking but not to a pathological degree. In this paper, we
describe experimental work that we and our colleagues have carried out
showing that people with high DI exhibit a range or reasoning biases,
including a self-reference bias, especially for threatening material, and a
tendency to rely on small samples when generalising about variable
properties. We shall also outline an integrative model of DI and reasoning.
※日本語の資料を作成する予定です。
※必要に応じて、簡単な日本語の説明を加えます。

連絡先
日本大学文理学部厳島研究室 川崎弥生(yayoi.iris[at]gmail.com)
([at]を@に変えて、送信ください)