松本研@NAIST での高橋のトーク “How do cognitive agents handle the tradeoff between speed and accuracy?”

12月28日、NAISTの松本研で高橋がトークをしました。

タイトルは

“How do cognitive agents handle the tradeoff between speed and accuracy?”

で、 cognitively-inspired computing というような感じで、認知が機械学習なんかでも有用なんじゃないかというような話です。具体的には、

  • New paradigm psychology of reasoning (logic of conditional event)
  • 因果帰納と pARIs モデル
  • LS モデルによる速さと正確さのトレードオフの部分的克服

みたいな内容です。

とても楽しかったです。お誘いいただいた小町守先生、どうもありがとうございました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中