第27回人工知能学会全国大会のOS「内部観測と推論」から4件の発表が全国大会優秀賞を受賞

本大会では、一般発表 284 件、OS 278 件、近未来チャレンジ 20 件、ニューチャレンジ 4 件の合計586件の発表があり、このうち11件が人工知能学会全国大会優秀賞を受賞しました。うち4件が、高橋が企画したオーガナイズドセッション(OS-24)「内部観測と推論」からの発表です。

  • 高橋 達二: 論理的階層の圧縮としての内部観測によるトレードオフの乗り越え, 1L3-OS-24a-2.
  • 甲野 佑, 高橋 達二: 自己組織的に環境変化を感知し方策を遷移する緩対称性推論モデル, 1L3-OS-24a-3in.
  • 上浦 基, 高橋 達二: 因果帰納確率モデルの情報学的考察, 1L5-OS-24c-3.
  • 西川 麻樹: 内部観測と、組織内コミュニケーション、組織による意思決定, 1L5-OS-24c-4.

ありがとうございました。

来年はより具体的に内部観測の効用を示すため、「内部観測と探索」というセッションを企画しています。今後ともよろしくおねがいします。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中