情報処理学会第76回全国大会でM2横川が学生奨励賞を受賞

平成26年3月11日~13日に開催された情報処理学会第76回全国大会において、高橋研M2の横川純貴が学生奨励賞を受賞しました。

発表論文は「1T-5 不確定情報の下での条件文と双条件文の3×3真理値表」でした。この内容は Jean Baratgin, David Over, Guy Politzer との共著論文の一部となる予定です。

東京電機大学ニュースへのリンク

要旨:

人間は不確実な未来を“予測”し、明らかになっていない過去を“診断”することを繰り返し不確実な環境へと適応している。例えば、「『咳が出る』ならば『風邪を患っている』」といった診断的な文章を考えることができる。例のような“ならば”を使用した“条件文”は予測や診断を表すことができる構文である。この条件文を人間がどのように捉えているのかを明らかにするため、不確定な情報を含んだ真理値表を推論する実験を行った。その結果、人間の反応はde Finettiが定義したconditional event や biconditional eventと一致することがわかった。また、パリ第8大学で行われた同様な実験との比較を通し、日本語の条件文が対称的な構造を有していることが示唆された。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中