教員 (高橋達二)

(link to the English version)

Updated on July 16th, 2012

高橋達二 博士(理学) Tatsuji Takahashi, Ph.D.

  • 東京電機大学理工学部情報システムデザイン学系 助教,
  • 東北大学 電気通信研究所 共同研究員,
  • 東京電機大学 総合研究所 準研究所員
  • 1978年6月生
  • email: tatsujit あっと dendai.ac.jp

学生さんへ

  • ISDゼミでの配属を考えている人は、活動紹介や研究紹介など読んでみてください。28日の研究室説明会まで更新を続けていくと思います。

近況

  • (20120716) 音楽と対称性推論に関する論文が受理されました。
  • (20120712) いくつか論文を投稿しました。
  • (20120507) 東北大学電気通信研究所の共同プロジェクト研究課題「生命にとっての情報・推論・計算の解明と工学的応用の検討」が採択されました。2010, 2011 年度課題の継続です。
  • (20120112) 論文 Symmetrizing Object and Meta Levels Organizes Thinking の書誌情報が決定しました (BioSystems 107 (2012) pp. 95-105)。
  • (20111208) 論文 A Melody Generation System Based on Generalization by Human Causal Intuition を投稿しました。
  • (20111018) 論文 Symmetrizing Object and Meta Levels Organizes Thinking が BioSystems 誌に受理されました。
  • (20110713) 論文 Symmetrizing Object and Meta Levels Organizes Thinking を投稿しました。
  • (20110707) 日本学術振興会 二国間交流事業 共同研究・セミナー「CHORUSプログラム」というのに、高橋が参加するプロジェクトが採択されました。さしあたり、来年早々に渡仏します。 De Finetti の3値論理を参考にしつつ、条件文(「もし p ならば q」)の確率論的解釈や、思考、推論、判断、意思決定などにおける図と地の関係、否定の在り方を明らかにする事が目的です。
  • (20110531) 今年度は、4年生もすでに学会発表など始めており、頼もしい限りです。6/1-3の、盛岡での人工知能学会で、計3つの研究発表を行ってきました。
  • (20110402) 東京電機大学総合研究所の研究助成に採択されました。テーマは「リスク下の意思決定における認知バイアスの適応性の解明です。
  • (20110402) 東京電機大学総合研究所の共同研究助成に採択されました。テーマは「推論と予期に伴う情動に基づく音楽生成」です。
  • (20110402) 昨年度の卒研では、魚の群れのダイナミクスの実験とシミュレーションなどをやりました。いくつか、面白い結果が出ていますが、今後まとめていきます。群れのダイナミクスは最近のホットトピックということもありますし、取り組みは続けていきたいと思っています。

目次


研究

 人間の認知、特に(思考、推論、意思決定などの)高次認知の研究を行っています。アプローチとしては、認知科学なので、認知心理学的な実験、機械学習などのシミュレーション、確率論、特に条件付き確率に関する理論的考察などを用いています。
 「人間らしさ」を以下に理解し、また実装するか、ということに関心があります。人間らしさの理解は、直接対人関係、ひいては社会の動態に影響する、社会的にも重要なものです。背景には内部観測という理論(メタ理論)があります。
 卒業研究としては…

経歴

  • 2011年4月より 東京電機大学 総合研究所 準研究所員 兼任
  • 2010年4月より 東北大学 電気通信研究所 共同研究員 兼任
  • 2009年4月より2011年3月まで 日本女子大学 (総合研究所) 客員研究員 兼任
  • 2009年4月より2010年3月まで 学習院大学(計算機センター)客員研究員 兼任
  • 2008年4月より 東京電機大学理工学部情報システムデザイン学系 助教
  • 2008年3月 神戸大学自然科学研究科博士後期課程修了(指導:郡司幸夫)
  • 2004年9月 神戸大学自然科学研究科博士前期課程修了(指導:郡司幸夫)
  • 2002年3月 東京大学教養学部基礎科学科(科学史・科学哲学科)卒業
  • 1997年4月 東京大学文科II類 入学
  • 1997年3月 秋田県立秋田高校卒業

主な業績

投稿中:

  1. Kohno, Y., and Takahashi, T., Symmetric Inference to Cope With Speed-Accuracy Tradeoff (対称性推論はいかに速さと正確さのトレードオフに立ち向かうか)

準備中:

  1. Oyo, K., and Takahashi, T., A Cognitively-Inspired Heuristics for Two-Armed Bandit Problems: The Loosely Symmetric (LS) Model
  2. Yokokawa, J., Kohno, Y., and Takahashi, T., Causal Induction Heuristics as Proportion of Assumed-to-be Rare Instances (pARIs).
  3. Shimizu, T., Kamiya, T., Shinohara, S., and Takahashi, T., Generalization by Cognitive Symmetry in Word Learning.
  4. Nishimura, T., Oyo, K., and Takahashi, T., Human Cognitive Biases Applied to Bandit Based Monte-Carlo Planning.
  5. Takahashi, T., A Normative Approach to Music Generation: Internal Measurement Model of Music. (tentative) 音楽生成への規範的アプローチ:音楽の内部観測モデル (仮題)

受理済:

  1. 大村 英史, 柴山 拓郎, 高橋 達二, 澁谷 智志, 岡ノ谷 一夫, 古川 聖, 人間の因果推論による認知バイアスに基づいたメロディ生成システム (Melody Generation System Based on Cognitive Biases by Human Causal Inference)
  2. Takahashi, T., Kamiya, T., Shimizu, T., and Shinohara, S., Infant biases in lexical acquisition induced by loosely symmetric reasoning, will be presented at CogSci2012. (2012)
  3. Yokokawa, J., and Takahashi, T., Nothing-absence difference in causal induction and the pARIs rule, will be presented at CogSci2012. (2012)
  4. Oyo, K., and Takahashi, T., Loosely symmetric heuristics as the basis for biases and the empirical Bayes methods, will be presented at CogSci2012. (2012)
  5. Kohno, Y., and Takahashi, T., Self-organization of policy by symmetric reasoning and its application to reinforcement learning, will be presented at CogSci2012. (2012)
  6. Shibayama, T., and Takahashi, T. An explanation for status of listening to the late musical works of Morton Feldman by cognitive point of view, will be presented at CogSci2012. (2012)

査読有:

  1. Takahashi, T. and Gunji, Y.-P., Symmetrizing Object and Meta Levels Organizes Thinking (オブジェクトレベルとメタレベルの対称化が思考を組織化する), BioSystems, 107, 95-105. (2012) doi:10.1016/j.biosystems.2011.10.004[submitted draft PDF (1.4MB)]
  2. Daisuke Uragami, Tatsuji Takahashi, Hisham Alsubeheen, Akinori Sekiguchi and Yoshiki Matsuo, The Efficacy of Symmetric Cognitive Biases in Robotic Motion Learning. Proceedings of the 2011 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation August 7–10, Beijing, China, pp. 410-415. (2011)
  3. Uragami, D., Ohta, H., and Takahashi, T., Lattice Neural Networks for Incremental Learning, International Journal of Computing Anticipatory Systems (IJCAS), 24, 107-118. (2011)[draft PDF (246KB)]
  4. Takahashi, T., Shinohara, S., Oyo, K., and Nishikawa, A., Cognitive Symmetries as Bases for Anticipation: a Model of Vygotskyan Development Applied to Word Learning, IJCAS, 24, 95-106. (2011) [draft PDF (528KB)]
  5. Takahashi, T., Husserl vs. Derrida? Intermittent Critical Finite Automaton through Second Person Self-Differential Reference, IJCAS, 24, 137-148. (2011)[draft PDF (168KB)]
  6. Takahashi, T., Oyo, K., and Shinohara, S., A Loosely Symmetric Model of Cognition, In LNCS Springer Proceedings of the 10th European Conference on Artificial Life ( ECAL 2009 ), Springer, 5778, 234-241. (2011) [ draft PDF (340KB) ] (The original publication will be available at: www.springer.com )
  7. Takahashi, T., Nakano, M., and Shinohara, S., Cognitive Symmetry: Illogical but Rational Biases, Symmetry: Culture and Science, 21, 1-3, 275-294. (2010) [ draft PDF (1.4MB) ]
  8. Takahashi, T., and Gunji, Y.-P., Rule-following as an anticipatory act: Interaction in Second Person and an Internal Measurement Model of Dialogue, In: Daniel M. Dubois (Ed.), Proceedings of the American Institute of Physics (AIP) Conference, vol. 1051, Computing Anticipatory Systems: Casys’07 – Eighth International Conference, AIP, Liege, Belgium, 316-325. (2008)
  9. Gunji, Y.-P, Miyoshi, H., Takahashi, T., and Kamiura, M., Dynamical duality of type- and token-computation as an abstract brain, Chaos, Solitons & Fractals, 27, (2006), 1187-1204. [doi:10.1016/j.chaos.2005.01.067]
  10. Gunji, Y.-P., Takahashi, T., and Aono, M., Dynamical infomorphism: form of endo-perspective, Chaos, Solitons & Fractals, 22, 1077-1101. (2004) [doi:10.1016/j.chaos.2004.03.001]
  11. Gunji, Y.-P., Takahashi, T., and Kamiura, M., Phenomenal computing carrying the weak paradox as indefinite environments, IJCAS, 14, 172-184. (2004)

一般論文:

  1. 郡司ペギオー幸夫, 桑村和孝, 高橋達二: 現象論的計算としての意識:抽象モデル, 数理科学, Vol.41, No.6, June 2003, 77-83.
  2. 郡司ペギオー幸夫, 高橋達二: 内部観測:原生交換における懐疑論のクリプキ的転回, 唯物論研究, 2002年5月, 80号, 23-40.

要旨査読、要旨審査、または査読無:

  1. Yokokawa, J., Takahashi, T., People Inductively Reason Causality by Calculating the Probability of De Finetti’s Biconditonal Event – The pARIs Rule, Rarity Assumption, and Equiprobability – submitted to ICT (International Conference on Thinking) 2012. (2012)
  2. 神谷 匠, 高橋 達二, 緩い対称性による語彙学習バイアスの発現, 日本認知科学会第28回大会発表論文集, 542-548. (2011) <!– [ draft PDF (496KB) ] –>
  3. 甲野 佑, 高橋 達二, 緩い対称性モデルにおける不確定情報の扱い, 日本認知科学会第28回大会発表論文集, 440-444. (2011)
  4. 大用 庫智, 甲野 佑, 高橋 達二, 非定常N本腕バンディット問題に対する人間の認知バイアスの適用, JSAI 2011 (2011年度人工知能学会全国大会(第25回)) 予稿集, 1G1-2in. (2011)
  5. 西村 友伸, 齋藤 慧太朗, 丸山 涼平, 大用 庫智, 高橋 達二, 緩い対称性モデルのゲームへの応用, JSAI 2011 (2011年度人工知能学会全国大会(第25回)) 予稿集, 1P2-11in. (2011)
  6. 清水 隆宏, 横川 純貴, 甲野 佑, 高橋 達二, 認知バイアス調整機構 LS の Q 学習への実装とその機能 JSAI 2011 (2011年度人工知能学会全国大会(第25回))) 予稿集, 1P2-12in. (2011)
  7. 浦上 大輔, アルスビヒーン ヒシャム, 高橋 達二, 関口 暁宣, 松尾 芳樹, ロボットの運動学習における認知バイアスの効果 ―Loosely Symmetric モデルの Q 学習への適用―, Proceedings of ROBOMEC 2011 (日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会) , 1A1-O02. (2011)
  8. 高橋達二, 新居佳子, 平田佐智子, 7th International Conference of Cognitive Science (ICCS 2010) 報告, 認知科学, Vol. 17, No. 4, pp. 774-777. (2010)
  9. 大用庫智 & 高橋達二, 因果推論と意思決定を結ぶ緩い対称モデル, 日本認知科学会第27回大会発表論文集, 799-800. (2010) [ draft PDF (496KB) ] [ JCSS2010 ] [ JCSS2010 論文集]
  10. 甲野祐 & 高橋達二, 因果帰納の調和対称ヒューリスティクス, 日本認知科学会第27回大会発表論文集, 43-46. (2010) [ draft PDF (270KB) ] [ JCSS2010 ] [ JCSS2010 論文集]
  11. 高橋達二 & 萱野宏明, 因果帰納の対称性と非対称性, 日本認知科学会第27回大会発表論文集, 199-200. (2010) [draft PDF (217KB)] [ JCSS2010 ] [ JCSS2010 論文集]
  12. Takahashi, T., Kohno Y. & Oyo, K., Causal Induction Heuristics as Proportion of Assumed-to-be Rare Instances (pARIs). Proceedings of the 7th International Conference on Cognitive Science ( ICCS2010 ), 361-362. (2010) [ draft PDF (86KB) ]
  13. 太田宏之, 浦上大輔, 高橋達二, 久保山哲二, 西田育弘, 長時間過分極時のニューロン電位の揺らぎの時系列解析と脳の情報処理における機能的意義, 学習院大学計算機センター年報, 31, 129–132. (2010)
  14. 高橋達二, 内部観測:脱構築から発達へ, 進化経済学論集第13集、 [28-29, Mar., 2009 / Okayama] (orally presented in Japanese) 原稿(12p,PDF)
  15. Takahashi, T. and Gunji, Y.-P., On the Origin of Money: Individualization Processes of the Medium, Papers of the 7th Annual Conference of the Japan Association for Evolutionary Economics (JAFEE). [29-30, Mar., 2003 / Kanagawa, Japan]. (orally presented in Japanese)
  16. Gunji, Y.-P. and Takahashi, T., Proto-exchange and the origin of Value, Papers of the 7th Conf. of JAFEE, Tokyo, Japan (2003). (orally presented, not the presenter, in Japanese)
  17. Gunji, Y.-P., Takahashi, T. and Aono, M., The Form of Universe from Endo-Perspective, Proceedings of SICE System Integration Division Annual Conference, II, 253-254. (2002)
  18. Takahashi, T. and Gunji, Y.-P., An origin of money in proto-exchange process – Germs of communication, Proc. of SICE Sys. Integration Div. Ann. Conf, II 251-252. (2002)
  19. 郡司ペギオー幸夫, 高橋達二, 青野真士, 観察者の外部をどう表現するか? 動的インフォモルフィズムによるモデル構成, 日本生物物理学会年会講演予稿集, 40, S203. (2002)

学会・研究会発表 :

  1. 浦上 大輔, アルスビヒーン ヒシャム, 高橋 達二, 関口 暁宣, 松尾 芳樹, ロボットの運動学習における認知バイアスの効果 ―Loosely Symmetric モデルの Q 学習への適用―, Proceedings of ROBOMEC 2011 (日本機械学会 ロボティクス・メカトロニクス講演会)) 於岡山コンベンションセンター, 岡山., 1A1-O02, 2011.
  2. 大用 庫智, 甲野 佑, 高橋 達二, 非定常N本腕バンディット問題に対する人間の認知バイアスの適用, Proceedings of JSAI 2011 (2011年度人工知能学会全国大会(第25回))) at アイーナ いわて県民情報交流センター, 盛岡, 岩手, 1G1-2in, 2011.
  3. 西村 友伸, 齋藤 慧太朗, 丸山 涼平, 大用 庫智, 高橋 達二, 緩い対称性モデルのゲームへの応用, JSAI 2011 (2011年度人工知能学会全国大会(第25回))) at アイーナ いわて県民情報交流センター, 盛岡, 岩手, 1P2-11in, 2011
  4. 清水 隆宏, 横川 純貴, 甲野 佑, 高橋 達二, 認知バイアス調整機構 LS の Q 学習への実装とその機能 (accepted to JSAI 2011 (2011年度人工知能学会全国大会(第25回))) at アイーナ いわて県民情報交流センター, 盛岡, 岩手, 1P2-12in, 2011.
  5. 大用庫智 & 高橋達二, 因果推論と意思決定を結ぶ緩い対称モデル, 日本認知科学会第27回大会発表論文集, 799-800. [ draft PDF (496KB) ] [ JCSS2010 ] [ JCSS2010 論文集]
  6. 甲野祐 & 高橋達二, 因果帰納の調和対称ヒューリスティクス, 日本認知科学会第27回大会発表論文集, 43-46. [ draft PDF (270KB) ] [ JCSS2010 ] [ JCSS2010 論文集]
  7. 高橋達二 & 萱野宏明, 因果帰納の対称性と非対称性, 日本認知科学会第27回大会発表論文集, 199-200. [draft PDF (217KB)] [ JCSS2010 ] [ JCSS2010 論文集]
  8. Takahashi, T., Kohno Y. & Oyo, K., Causal Induction Heuristics as Proportion of Assumed-to-be Rare Instances (pARIs). Proceedings of the 7th International Conference on Cognitive Science ( ICCS2010 ), 361-362. [ draft PDF (86KB) ]
  9. 高橋達二, 内部観測:脱構築から発達へ, 進化経済学論集第13集、 [28-29, Mar., 2009 / Okayama] (orally presented in Japanese) 原稿(12p,PDF)
  10. Takahashi, T. and Gunji, Y.-P., On the Origin of Money: Individualization Processes of the Medium, Papers of the 7th Annual Conference of the Japan Association for Evolutionary Economics (JAFEE). [29-30, Mar., 2003 / Kanagawa, Japan]. (orally presented in Japanese)
  11. Gunji, Y.-P. and Takahashi, T., Proto-exchange and the origin of Value, Papers of the 7th Conf. of JAFEE, Tokyo, Japan (2003). (orally presented, not the presenter, in Japanese)
  12. Gunji, Y.-P., Takahashi, T. and Aono, M., The Form of Universe from Endo-Perspective, Proceedings of SICE System Integration Division Annual Conference, II, pp.253-254, SICE SI2002, [19-21, Dec., 2002 / Kobe, Japan]. (orally presented, not the presenter, in Japanese)
  13. Takahashi, T. and Gunji, Y.-P., An origin of money in proto-exchange process – Germs of communication, Proc. of SICE Sys. Integration Div. Ann. Conf, II 2002, 251-252. (orally presented in Japanese)
  14. 記号操作を下支えする認知の対称化過程 [17 Oct., 2010 / 東北大学 電気通信研究所, 宮城県]
  15. Causal Induction Heuristics as Proportion of Assumed-to-be Rare Instances (pARIs), ICCS2010 [Aug., 2010, Beijing, China] (poster presentation)
  16. 認知対称性と直観的統計学体系の可能性, 第四回内部観測研究会, [Mar., 2010 / 東京理科大学]
  17. A Loosely Symmetric Model of Cognition, ECAL2009 [Sep.? 2009, Budapest, Hungary] (poster presentation)
  18. Lattice Neural Networks for Incremental Learning, CASYS’09 (oral presentation)
  19. Cognitive Symmetries as Bases for Anticipation: a Model of Vygotskyan Development Applied to Word Learning, CASYS’09 (oral presentation)
  20. Husserl vs. Derrida? Intermittent Critical Finite Automaton through Second Person Self-Differential Reference, CASYS’09 (oral presentation)
  21. Cognitive Symmetries: Illogical But Rational Biases, Symmetry Festival 2009, [Aug., 2009, Budapest, Hungary]
  22. 発達の動的方法論, 第三回内部観測研究会, [14-17 Mar. 2009 / 沖縄青年会館、沖縄県]
  23. レフ・ヴィゴツキー:発達の内部観測, 灘研究連絡会第6回関東部会, [18, Oct. 2008 / 東京電機大学神田キャンパス]
  24. A Critical and Intermittent Finite Automaton in Mesoscopy, INSC2008 (International Nonlinear Science Conference) by Society for Chaos Theory in Psychology & Life Sciences. [13-15, Mar., 2008 / Chuo University, Kanda, Tokyo, Japan] (oral presentation).
  25. 双対性を経由した対称化による自己組織化, 第1回創発理論ワークショップ, [15, Feb. 2008 / 大分大学]
  26. Rule-following as an anticipatory act: Interaction in Second Person and an Internal Measurement Model of Dialogue, CASYS’07 (International Conference on Computing Anticipatory Systems). [6-11, Aug., 2007 / HEC, Lige, Belgium] (oral presentation)
  27. Dynamical duality as a model of dynamic ontology, Dynamic Ontology [8-11, September, 2004 / University of Trento, Trento, Italy] (oral presentation)
  28. Phenomenal Computing Carrying the Weak Paradox as Indefinite Environments, CASYS’03 [Aug., 2003 / HEC, Lige, Belgium]. (oral presentation, not the presenter)
  29. Weak parardox as a model for the system carrying indefinite environments, the 41st conference of the Biophysical Society of Japan, [23-25, Sep. 2003 / Niigata, Japan]. (oral presentation, not the presenter, in Japanese)
  30. How can we express the outside of an observer?: a model by dynamical infomorphism, the 40th conference of the Biophysical Society of Japan, [2-4, Nov. 2002 / Nagoya, Japan]. (oral presentation, not the presenter, in Japanese)

研究助成

教育経験 (F: 前期、L: 後期)

    出張講義

  1. 細田学園高校, 2011年?月?月, 「コンピュータが奪う仕事と奪わない仕事」
  2. 東京都立南平高校, 2010年7月9日, 「人間らしい人工知能をつくるには? ―認知バイアスについて—」
  3. 埼玉県立滑川総合高校, 2009年11月5日, 「やわらかい人工知能をつくるには」

    大学院講義

  • 東京電機大学 理工学研究科 理工学特論B, 2010年6月12日, 「ヒトはどうやって複雑で不定な環境に適応しているのか:認知的対称性から行動経済学を導く?」
  • 東京電機大学 理工学研究科 情報学専攻 第341回情報科学セミナー, 2009年10月2日, 「対称性バイアスの合理性 —アブダクションと行動経済学の一般理論に向けて—」

    完了:

  • 2010L, オブジェクト指向プログラミング: Java プログラミング
  • 2010F, 人工知能プログラミング 人工知能とは(概念と思想史)、推論(論理)、探索(ゲーム:ミニマックス、α-β、五目並べ、オセロ)、知識表現、機械学習・統計的学習、脳、ニューラルネット、確率推論、ベイズネット、自然言語処理、アフォーダンス、生態的合理性、バイアス、対称性。(極力、ScalaからAIMAのJavaソースを使う感じです。)
  • 2008F9F, ISD実習A Linuxインストール、コンピュータリテラシー、UNIXの基礎
  • 2008FL, 情報処理B C言語の基礎
  • 2008F9F, ISDプログラミングII C言語中級(ポインタ、構造体、線形リスト、ソート)
  • 2008L, ISDプログラミングI C言語初級
  • 2008L, アルゴリズムとデータ構造演習(リスト、二分木、ソート、文字探索…)
  • 2008L9F, ISD実習C/D Java実習(オブジェクト指向設計とGUI作成の初歩、 ライフゲーム作成など)
  • 2009F, オブジェクト指向プログラミング Ruby を用いたオブジェクト指向プログラミング、GUI、テキスト処理(正規表現)
  • 2009F, ISD実習E ヒューリスティクス的人工知能の実装
  • 2008, 卒業研究指導 テーマ:対称性バイアスに関わるコンピュータ・シミュレーションと認知実験、錯視を用いたゲーム、Sun SPOT を使った新インターフェイスの開発、ヒトの睡眠と覚醒

    進行中:

  • 2009L, ISDプログラミングI C言語初級
  • 2009L, ISD実習D Java実習(オブジェクト指向設計とGUI作成の初歩、 ライフゲーム作成など)
  • 2009L, アルゴリズムとデータ構造演習(二分木から文字探索などまで)
  • 2009, 卒業研究指導 予定テーマ:人間の因果推論傾向 (認知的対称性) を実装した確率論的モデル (篠原モデル) を用いたベイジアンネットワークによるデータマイニング、篠原モデルの初等ゲーム・TVゲーム・交通ネットワーク問題への応用、バイオセンサーなどを用いたゲーム作成

//